スポンサーリンク

【イギリス留学エージェント】BeoとSI-UKの特徴と個人的評価

留学

留学を決意した後、ほとんどの方が留学エージェントを選び始めるのではないでしょうか。

特に大学や大学院への留学は準備期間も長くなるため、慎重にエージェントを選びたくなりますよね。

でも留学エージェントってどこを選べばいいのか迷いますよね?

そんなあなたのために、 僕の実体験に基づいてイギリス留学向けのエージェントを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

結論:僕はSI-UKを選びました


イギリスへの留学エージェントとなると、現在日本ではBeoとSI-UKが最大手です。

結論から言うと、私のおすすめはSI-UKなのですが、それぞれの特徴を踏まえてその理由をお伝えしたいと思います。

そもそも、留学エージェントとは

留学エージェントとは、学校やビザの申請など留学に関する手続きをサポートしてくれる会社です。

学校選び・出願などのサポートだけでなく、留学までの語学レッスン、留学生活のアドバイスをしてくれたり、留学に関する疑問や心配事も相談に乗ってくれます。

当然ですが、会社によりサポート内容は異なります。
無料のサポートもあれば、有料のサポートもありますので、自分に必要なサポートを見極めて申込むことが重要です。

Beoとは

Beoはイギリス留学において国内大手のエージェントです。

基本的には無料でサポートを提供してくれ、留学先の紹介や出願代行を行ってくれます。

ただし、入会時に2万円のデポジットを支払う必要があり、このデポジットはBeo経由でイギリスの大学・大学院へ留学した際に返金されます。

Beoの有料サービスは手厚いが注意点もあり

有料のサービスで書類準備などをより手厚く対応(ネイティブの先生による添削や下書き作成など)してくれるサービスもあります。

しっかりといろいろなアドバイスをしてくれる一方で、都度オプションの有料サポートを勧めてこられる場合もあるようです。

また、Beoのサポートや語学クラスの評判はよいのですが、他の留学エージェントと比較すると高めの料金設定になっています。

補足ですが、対応する件数が多いためか電話によるカウンセリングは結構事務的で冷たい印象を受けました。
僕としては、留学という大きな決断を前に親身になってくれないのはちょっと…と思いBeoはこの時点で候補から外しました。※あくまで個人的な印象です


SI-UKとは

SI-UKはBEOに並ぶ有名なエージェントです。

こちらも基本的に無料で、留学先の紹介、出願代行を行ってくれます。

デポジットは1万円ですので、若干Beoよりも初期投資が抑えられます。
またこちらの場合もSI-UK経由でイギリスの大学・大学院へ留学した際に返金されます。

SI-UKは無料の範囲で志望動機書などの出願書類の添削を1度だけネイティブの先生がしてくれます。

SI-UKはがつがつ感がほぼないです

SI-UKも留学に向けた有料の英語コースなどが用意されていますが、勧誘してこられる感じではなく、あくまで希望者に対してのみ提供するというスタンスです。
ちなみに受講した場合の料金はBeoと比較すると低めの設定です。

Beoに比べると、良くも悪くもがつがつした感じではないので、オプションサービスも特に勧めてこられずにストレスはないものの、自分から積極的に質問などをしないとサポートが若干手薄になる可能性があります。

私はSI-UKを選びました

電話によるカウンセリングの時点から担当の方がとても物腰やわらかい感じで対応してくださったので、僕はSI-UKを選びました。

実際に使ってみた感想

SI-UKかなり親切ですが、積極的に自分から質問することも大切です

最初に感じた印象の通り、自分でしっかりと計画を立て必要な情報を自発的に質問しないといけない部分はあったものの、聞けば丁寧に質問に答えてもらえるので特に不満はありませんでした。

また、サポートを受けている間に一度英語のライティングのクラスを無料体験しましたが、その後、特に勧誘されることはなく、担当のカウンセラーの方と気まずくなることもありませんでした。

担当カウンセラーの方とは長い付き合いになるので、こういう細かい部分も重要に感じました。

最終的に大満足でした

VISA申請

VISAの申請の際には、「代行申請となると別途料金がかかってしまいます」と言われたものの、自分で十分申請可能なように資料提供をしてくれたり質問に答えてくださったので、VISA申請もすべて自分で完結することができました。

イギリスVISAは手続きがややこしくて、代行業者もいくつか存在しているものなので、この点は非常に助かりました。

留学後

留学後に少し困ったことがあり、担当者の方に連絡させて頂いたのですが、丁寧に対応してくれました。
一応留学後でも、大学院に入学する前だったためサポート期間中ではあったのですが、迅速に対応してもらえたで心強かったです。
大学院入学後は、デポジットの返金対応もスムーズでした。

裏話

多分これは公にしたら少しまずいかもしれませんが、無料サポートのネイティブ講師による書類の添削は1回のみなのですが、僕の場合はサービスでもう1回無料で対応してもらえました。

これは完全に特別な対応だったので期待するべきではありませんが、場合によってそのような特別対応をしてくれるほど親切な会社だという印象を持っています。

まとめ

Beoは手厚くしっかりサポートしてくれる一方で、全体的に料金が高く、オプションサービスの営業が強めです。

SI-UKは相対的に料金は安めで、勧誘等もあまりないため利用しやすいです。
ただし、自分で積極的に担当の方へ質問することが必要な場合もあります。

海外留学となると、留学後に自分で計画を立てて主体的に動いていく必要も出てくるため、それに慣れるという意味も兼ねて僕はSI-UKをお勧めします。

ただし、自分で進める方法が分からない人や忙しくて準備する時間を節約したい人にはBeoの方が合う可能性もあります。

この記事に内容を参考にしつつ、実際に両方の無料カウンセリングを試した上で最終的にどちらが自分に合うか判断してくださいね。

以上です。

こちらもよく読まれています

【おすすめ】TOEICの点数を2か月で100点以上あげる勉強法
TOEICのスコアを効率よく上げる勉強法についてまとめました。小手先のテクニックではなく、短期間で実力を上げる勉強法です。おすすめの書籍についても紹介しています。
【実体験】元コンサルが考えるイギリス大学院留学のメリット
どうもたらお( @tarao1214 )です。先日下記のツイートをしたところ沢山の反応を頂きました。知らない方もいるかと思いますがイギリスの大学院は1年で卒業できます•質の高い教育を受けられる•優秀な人達とネットワ...

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました