スポンサーリンク

【セブ留学】バリカタラーメンのスパイシーチャレンジで死亡した件

留学

セブにあるオススメな日本式のラーメン屋さん「バリカタラーメン」についてご紹介させて頂きます。

先日、留学生をはじめとするセブ滞在中の日本人人気の「バリカタラーメン」で、現在開催されている”スパイシーチャレンジ”という企画に挑戦してきました。
結果から言えば散々な結果に終わったのですが、その一部始終を共有させて頂きます。

そもそもバリカタラーメンってなに?

という方もいると思いますので、ご紹介しますね。

スポンサーリンク

バリカタラーメンとは

バリカタラーメンとは、正式名称は「バリカタラーメンズバー」というセブのITパーク内にある日本式のラーメン屋さんです。
「バリカタ」という愛称でセブに住む日本人から親しまれています。
ITパーク内では 数多くのオフィスビルや飲食店が集まっているのですが、その中でもバリカタは本格的な豚骨ラーメンを提供していることから人気を博しており、また同じくセブで店舗を構えている日本食レストラン「筑前屋(もつ鍋・串焼き)」「NEW知暮里(すき焼き)」の系列店です。

バリカタの豚骨ラーメンは(白・黒・赤)三種類の味が用意されています。
白はマイルドな味わい、黒は濃厚、赤はピリッとスパイシーで、どれも日本で食べるのと遜色ない味です。
他にもつけ麺や台湾風まぜそば、坦々麺、冷やし中華、やきそばなどがあり、ご飯ものはチャーハンやカレーなんかもあります。

お得なEVERYDAY VALUE MENU

バリカタのラーメンの平均予算は300〜350ペソとなっており、為替にもよりますが1ペソ大体2円と考えると600円〜700円になります。
したがってセブの物価を考えると少しお高めな値段にはなるのですが、バリカタには「EVERYDAY VALUE MENU」というものがあり、醤油豚骨ラーメンや担々麺、焼きそば、チャーハンなどの一部のメニューは150〜200ペソで食べることができるんです!

節約したいけど日本食が食べたいわがままさんにおすすめだニャ。

スパイシーチャレンジとは

ここでやっと今回の記事の本題です。
「スパイシーチャレンジ」とは、辛く味付けされた、醤油とんこつ、担々麺、冷やし中華、焼きそばのどれか一つを注文し、2分以内に完食すると、その分の飲食代が無料になるというサービスです。

もともと辛い物が好きなタイプということもあり、「なんやこれ!面白そう!」という軽い気持ちでチャレンジすることにしてみました。

メニュー選びから勝負は始まる

完食ということだったので、醤油とんこつと担々麺はスープを飲み干すのは不可能だなと思い、スープがついてない焼きそばを注文しました。

ただし、この選択が失敗だったと気づくのにそんなに時間は掛かりませんでした。

しばらくすると焼きそばが運ばれてきました。
熱々の激辛スープと共に

え、スープってメニューの写真に載ってたっけ?っていう気持ちすら湧かないくらい威風堂々と運ばれてきましたからね。画像

嘘やん!
という気持ちとともに「スープがないからいけるやろ」という目論見が一瞬で破られる形となりました。

辛いもののあとに熱々のスープってだけで死亡フラグじゃないですか。

どうやらスタートはこっちのタイミングを待ってくれる様子でしたので、ひとまず冷静になるのと少しでもスープを冷まそうと思い写真を数枚撮って時間を稼ぐ作戦にでました。

無意味でしたが

いざ、勝負!

写真を撮って時間を稼ぐのも苦しくなってきたので、いざ、勝負!といういことで焼きそばを食べ始めたのですが、
「いや、焼きそば自体もめっちゃ辛っ!!!!」

焼きそばはそんなに辛くないんちゃうんかーーーーーーーーい!

ぶっちゃけこの時点で勝負は決まってましたよね。
脳内に敗北の2文字が一瞬にして浮かびましたよ。

とはいえ、チャレンジするからには、、と文字通り必死に食らいついていたのですが、1分超えた時点で無理だと確信しました。

結果、お察しの通りです。
焼きそば2/3を食べ終えたところであえなくタイムアップ。

最初に気にしてたスープに到達すらしてないっていう。。。

そのあとは時間を気にせずにとりあえず食べ続けて半泣きになりながら完食しました。
予想通り、熱々の激辛スープがきつかったです。

実際は冷やし中華がおすすめらしいです

タイムアップしたあと、完食したあと、会計の際の3つの場面で、それぞれ別の店員さんが、「次は冷やし中華で挑戦してね」とアドバイスをくれました。
優しい。。。
冷やし中華であれば、少なくとも熱々っではなく食べやすいと思ので確かに行けるかもしれませんね。

地獄は完食後に訪れる

その後、自分のホテルに戻って勉強してたんですが、完食直後から胃に違和感を感じ始めました。
そしてその違和感が徐々に激しい痛みに変わり始めたのです。
これまでの人生で辛い物を食べても胃が痛くなることはなかったので、完全に油断してました。

しかし、どうにもこうにも胃が痛く、その後翌日の夜まで胃痛と戦う羽目になってしまいました。
もはや勉強どころじゃない。。笑

日本から風邪薬やロキソニンは持ってきていたのですが、まさか胃痛でこんなに苦しむことになるとは思わなかったので、薬も持っておらず本当に地獄のような苦しみにただ耐えるしかないという状態でした。

気になったので、調べてみたところ以下の事例がヤフー知恵袋に掲載されていました。

Q.唐辛子などの香辛料を大量に入れた激辛料理を食べると、食道や胃に何らかの影響が出ますか。

市原さん「唐辛子の辛味成分であるカプサイシンは、少量の場合は胃酸の分泌を抑え、胃粘膜の血流を増加させる働きがあります。そのため、胃粘膜保護作用により、胃炎や胃潰瘍になりにくくなります。逆に大量に摂取すると、胃酸の分泌が増加して胃粘膜障害を起こし、胃炎や胃潰瘍になりやすくなります。食道がんのリスクも上がります」

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181124-00028495-otonans-soci

胃酸の分泌が増加して胃粘膜障害を起こし ・・・

いや、完全にこれやん!!
普段から辛い物に慣れている人も、本当に気をつけてください。

まとめ

今回の記事では、「バリカタ」という愛称で親しまれる、セブのITパーク内にあるラーメン屋さんをご紹介させていただきました。
スパイシーチャレンジは散々な結果でしたが、バリカタの商品はもともと美味しくて人気になっているので、是非普通に食事をしに行ってみてださい。

スパイシーチャレンジに挑戦する方は、冷やし中華でチャレンジすることを強くお勧めします。
また、万が一のことを考えて、胃腸薬を準備することも忘れないでくださいね!笑

コメント

タイトルとURLをコピーしました