スポンサーリンク

【五月病・六月病】かも。発症の前に事前に防ぐ、予防方法まとめ。

会話の小ネタ
Mystery man in hoody jacket, sitting and hugs his knees up with an empty and broken bottle in abandoned building. depression self destruction suicidal addicts drug, Major depressive disorder concept

なんとなく体調が優れない、、、、

もしかして五月病、はたまた六月病!?!?

今日は【五月病・六月病】の症状にならないための予防方法を見ていくニャ。

新しい年度に入ってから1カ月半あまりが経ち、友人や同僚から「何となく体のだるさを感じている」という声をしばしば耳にします。

特に今年のゴールデンウイークは10連休という長期の休みがあったため、連休明けに気分が晴れない「五月病」の症状がある人は昨年より多いと言われています。

スポンサーリンク

【五月病・六月病】原因とは

最も多い原因は「環境の変化」です。

4月は就職や異動、昇格など、ビジネスパーソンにとって重要な季節です。

「早く適応しよう。頑張ろう!!」と4月に頑張り過ぎてしまい、知らず知らずのうちに疲れが積み重なっていきます。
そんな中でゴールデンウイークの連休を迎えると一気に心身が『電源オフ』になり、4月に適応できなかった人は思い詰めてしまう傾向があります。
その結果、連休明けに体調を崩す人が増えてしまいます。
これが、【五月病】と言われます。

また、これに追い打ちをかけて、「春」から「初夏」にかけては寒暖差や梅雨など外的な環境変化も体の大きな負担となります。

これから6月に入り、業務が落ち着いたところで、蓄積された疲労やストレスが表面化して心身の不調を訴えるケースが増える時期でもあります。
特に、新社会人は4月新年度からの慣れない環境で、業務をある程度マスターし気が緩んでくる時期でもあります。
そんな時期に起こるのが、【六月病】です。

いずれも正式な病名ではないものの、放置すると「うつ病」や「適応障害」につながる可能性もあります。

合わせて、こちらの記事も読んでみてください。↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【ナゼ】自殺原因と性別の関係性、自殺が起こりやすい季節とは。
https://sa-career.com/short-story/自殺と性別、自殺原因とは/.html

自覚症状としてはどんな状態?

・朝なかなか布団から出られない、食欲も減退、便秘になる人もいる。
・自律神経がおかしくなるので、どこかしら体調が悪くなる。
・朝から疲れを感じたりする。


元気な人でも、夕方には疲労感がありますが、エネルギーが高いはずの朝から体がだるいと感じます。 

他にも肩が凝るとか、あちこちに痛みを感じるようになります。

動悸、めまい、頭痛や冷や汗が出たりする人もいます。

そして、心の方は小さなことでも不安で不安でたまらなくなります。

日中やたら眠たくなったり、夕方になると逆に職場から家に帰るのがイヤになったりします(帰宅困難)。

家に帰った後も晩御飯を食べる気になれなかったり、眠れなかったりしますので、そういうことがますます疲れをためて行きます。

食欲減退、不眠などで心身両面の蓄積疲労から抜け出せません。

http://ddmap.jp/interview/seishinka/180401i/八杉クリニック 八杉 誠(やすぎ まこと)先生

引用:日本経済新聞

先ずは、自覚することが大切だニャ!!
疲れが溜まっているかニャ?と思ったら予防だニャ!!

【五月病・六月病】から身を守る方法!

行動記録を残す

記録を残すことで、自分の心理状態を客観視することができます。
書く中で、不安や悩みを整理することが出来ます。
また、後から見直すことも出来るので、仕事やプライベートでの改善点や反省点を反復して修正することができます。

適切に自分を主張する

相手の主張を尊重することは大切なことですが、自分の気持ちを伝える事で、良好な関係を築くことができます。
また、主張する事で、自分が今何を考えてどのような心境なのかを伝えることができます。

愚痴を聞いてくれる相手をつくる

その日の出来事や、思ったこと嫌だったことなど、話を聞いてくれる存在がいると精神的な安定を図ることができます。
また、自分の中の不安や悩みを言葉にすることで、「話す」耳から「聞く」2つの五感を使うことが出来るので、悩みを整理することが可能となります。

適度な運動で体を動かす

散歩やジョギングといった簡単な運動でOK。
とにかく体を動かすことが大切です。外に出られない時でも、家事をしたり、自宅で筋トレをして下さい。

抑うつ状態の時に脳内で減少する「セロトニン」が増え、また、体を動かすことで、幸福感を生み出す「βエンドルフィン」などの脳内神経伝達物質が刺激されるためと言われています。

最も効果的な、【予防方法】とは

【起床時間】が一番重要!!

重要なのは【起床時間】。

毎日一定の時間に、できれば始業時間の3時間前には起床を心がけましょう。

その上で、しっかり日光を浴びて、軽い体操などといった運動をして、朝食をしっかり食べます。
そして、夜は早めに食事を取り、風呂に入ってリラックスして、仕事を離れた自分の時間を満喫してください。
休日も平日同様で、仕事の同じ時間に起床を心がけて下さい。

「メンタル面」と「睡眠」のメカニズムははっきりと分かっていないようですが、密接に関わっていると言われています。
睡眠に問題がある人は、「うつ病」になりやすい傾向があります。

リズムを整え、睡眠時間をしっかりと確保できれば心身の健康リスクは抑えられるということだニャ。

また、睡眠には記憶や感情を整理する機能もあります
負の感情の除去が睡眠中に進むので、感情を安定させるという意味でも睡眠は重要となります。また、反対に睡眠不足はネガティブな感情を引き起こしやすくなると言われています。

まとめ

・自分の体調・メンタル面を自覚する。
・【五月病・六月病】の予防を心がける。
・規則正しい生活(早寝早起き)を送る。
・友人や、大切な人との楽しい時間を過ごす。

この時期は無理をせず、息抜きをしながら仕事に取り組む心がけをしていきたいですね。


コメント

タイトルとURLをコピーしました