スポンサーリンク

【人には聞けない】会社にばれないように転職活動を進める方法

就職・転職活動

どうもこんにちは。たらおです。

転職活動したいけど、会社の人たちにバレることを考えるとなかなか行動できないんです

転職活動をする人のほとんどが現在の会社で仕事をしながら進めていますよ。

そうなんですか。バレると困るので現在の会社を辞めてから転職活動する方がよいかと思っていました。

現在の会社に勤めながら転職先を探す方がおすすめです。

とはいえ、最終的に転職しない場合もあると思うので、現在の会社に勤めながら、転職活動を行うためのポイントを紹介しますね。

スポンサーリンク

現在の会社に勤めながら、転職活動を進めるために心がけたいこと

普段とは異なる行動を極力取らないようにする

会社によっては、転職活動の事実が、その後の人事評価に悪影響を与えてしまうケースもあると思います。
転職活動の結果として、最終的に転職せずに現在の会社に残る可能性もあるのであれば、注意が必要です。
転職活動をしようとしていることが会社に知られることはリスクでしかありません。

(人事系の職種の友人よると、会社によっては転職意思の有無がその後の人事評価に継続して影響してしまう場合もあるとのことです) 転職活動が会社に知られな良いようにするためには、退社時間が突然早くなる、残業を断るが理由はかたくなに言わないなど、普段のあなたからすると不自然と思われるような行動を控えるようしましょう。

信頼できる同僚がいる場合、転職意思を打ち明け、協力してもらう

もし、職場にあなたが信頼できる同期や先輩、上司がいる場合、その人にだけは早い段階で転職の意思を伝え転職活動に協力してもらうことも一つの案です。

信頼できる人に限りますが、例えばどうしても残業ができないときなどには、代わりに残業してもらうことや残業できない理由をフォローしてもらうことができるなど、周囲の人を巻き込むことでさまざまな面でメリットを得られることができます。

また、転職意思を事前に伝えても大丈夫と思えるくらいの関係性であれば、転職活動に協力してもらうことで、より絆が深まり、転職後も関係を維持することができるようになると思います。 通常の業務もそうですが、転職活動においても周囲の人を巻き込むことができる人が、よりよい結果を得られる可能性は高まります。

転職活動がバレやすいNG例

不自然な勤怠が連続する

普段から定時出社・定時退社をしている人が普段と違った出退社の時間になることや、そのような頻度が多くなると、周囲の人から「何かあったのかな」と思われるリスクが高まります。

また理由を聞かれた際に、取り繕おうとした結果、不自然な言動をしてしまい、より怪しいと思われてしまうこともあります。

面接などの理由で、普段とことなる勤務時間となる場合はできる限り「家庭の都合」など端的かつ、他人が踏み込みづらい理由を述べ、不用意な発言は控えるようにしましょう。

会社からの貸与携帯で応募先企業やエージェント会社とコンタクトを取る

会社から貸与されている携帯電話はあくまで業務用として貸与されているものです。多くの企業では、メールの送受信や電話の発着信を追跡しようと思えば追跡できるようになっています。

会社にばれる可能性があるだけでなく、応募先企業からもマナーがない、コンプライアンス意識が欠けていると思われるリスクがあるため、絶対にやめましょう。

普段はビジネスカジュアルや柄付きのシャツやスーツなのに濃紺のスーツなど地味な服装で出社する

あなたが普段どのような服装でお仕事されているかにもよりますが、外見の変化は自分が思っているよりも、周囲の人から気づかれる可能性があります。

正確には周囲の外観なんて気にしていない人がほとんですが、一人でも敏感な方がいるとばれてしまいます。転職活動だからと言って、普段と異なる服装にあからさまに切り替えるのは危険です。

どうしてもという場合は、退社後に着替えるなどの工夫をするようにしましょう。 実際に私は、転職活動中は一度家に帰って着替えてから面接を受けに行くようにするなどしていましたし、着替えの時間も踏まえて面接の時間を調整していました。

まとめ

  • 普段と異なる行動・服装は極力控える
  • 信頼できる周囲の人がいれば、正直に転職意思を伝えて協力してもらう
  • 勤怠について聞かれた際には、端的に理由を述べる

コメント

タイトルとURLをコピーしました