スポンサーリンク

【自己紹介】akiとは?この管理人の一人の紹介です。

自己紹介

はじめまして。akiです。
今日は私自身について少し書かさせていただきます。

スポンサーリンク

プロフィール

  • 1989年生まれ。
  • 大阪府出身。
  • IT業界勤務。

【好きなコト・モノ】

スポーツ全般 (フットサル・テニス・マラソン)
美味しい食べ物とお酒 (お寿司・焼き鳥・たこ焼き)
アウトドア (将来は子どもとキャンプをするのが夢)
映画 (Amazonプライム・ビデオのヘビーユーザー)
旅行 (国内外問わず)
ガジェット (Apple製品多め)

プライベートでは週末は出かける事が多いです。
しかし、家を出ないときは全ての活動を拒み、テレビの前のソファーでほぼ1日過ごします。

「子育て」が世界で一番大切な仕事

この思いから、新卒時代に就職した営業会社から
「育児施設」+「家族参加型のイベント」+「体験型施設」の運営をしている企業へ転職。

まさに自分が考えていた子育ての理念と企業理念が合致している会社でした。

入社後は、朝8時〜終電までの激務(ほぼ毎日)
在籍中も数多くの社員が去っていくのを見送ってきました。

自分は大丈夫と思っていましたが、連日の寝不足と栄養不足から体調を崩し、そこから肺炎を罹ってしまいました。

そしてついに私自身が「適合傷害」と診断される。

1週間経っても、薬を飲んでも体調が良くならなかったため、おかしいと感じ始め、
ついに、精神科の受診を決意しました。

結果は「適合障害」。
私自身は熱い気持ちを胸に入社した事もあり、そこまでメンタル的にやられていないと思っていただけに、言葉が出ませんでした。
しかし、思い返すと退職前はほぼ鬱状態でしたね。。。。

体重も60キロから、54キロまで落ちてしまいましたから。(身長173センチです。)

心機一転

荒み切った心を回復するために、2ヶ月間バックパッカーとしてアジアを周遊。
そこで、大きな出会いがありました。

マレーシアのペナン島で「「王(ワン)さん」という中華系のおじいちゃんと出会い、

「人間幾つになっても、どんな状況でも学ぶ事ができるし、学ばないといけない。」と気づかされました。

その出会いをきっかけに、以前から海外での生活を通じて語学を学びたいという想いもあった為、ワーホリを決意。

資金を貯めるために、黒部峡谷のホテルで住み込みで働く山籠りの日々を送りました。
約7ヶ月間、自分と見つめ合い、渡豪の準備を進めました。

オーストラリアへ

ワーホリでは2年が最長の為、当初は語学留学の学生ビザで渡豪し、のちにワーホリビザへ切り替えて現地で過ごそうと考えていました。

しかし、半年を過ぎて海外での生活に違和感が出てきた為、

早々と日本への帰国を決意。

再就職時には、海外で感じた「MADE IN JAPAN」の素晴らしさを継承する製造業というワードを軸に、なおかつ、今後の社会がITと切ってもきれなくなると感じたことから製造業をメインターゲットとするIT商社への就職を決めました。

これから

今後も、既存の考えに囚われないライフワークを実現できるように、日々アンテナを張り、アクティブに活動することを心がけたいと思っています。

本ブログの人気記事となります。
是非、興味のある記事を読んでみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました