スポンサーリンク

【G20大阪サミット】とは?生活・仕事への影響「交通規制」について

イベント
G20大阪サミット広報動画

2019年6月28日、29日の2日間、「インテックス大阪」で【G20大阪サミット】が開催されるニャ。

日本がG20サミットの議長国を務めるのは初めてのこととなります。
G20各国に加え,招待国の首脳や多くの国際機関も参加し,日本が主催するサミットとしては史上最大規模のものとなります。

今回は改めて「G20」とは何か?についてと、大阪に住んでいる人、ビジネスマンに影響のある「交通規制」についてまとめます。

スポンサーリンク

2019年「G20大阪サミット」開催概要

開催日
2019年6月28日(金)、29日(土)の2日間で開催

会場
インテックス大阪(大阪市住之江区南港北1丁目5-102)

G20サミットとは

G20サミットの正式名称は、「金融・世界経済に関する首脳会合」(Summit on Financial Markets and the World Economy)です。
毎年開催される国際会議です。
サミットの名称は、「頂上、山頂」を意味する英語「summit」に由来しています。

G20サミットは、メンバー国のGDPが世界の約8割以上を占めるなど、「国際経済協調の第一のフォーラム」として、経済分野において大きな影響力を有しています。
世界の経済成長と繁栄のために大きな役割を果たす役割があります。

参加国の紹介

メンバー国

G7(フランス・アメリカ・イギリス・ドイツ・日本・イタリア・カナダ)

欧州連合〔EU〕・アルゼンチン・オーストラリア・ブラジル・中国・インド・インドネシア・メキシコ・韓国・ロシア・サウジアラビア・南アフリカ・トルコ

招待国・国際機関

オランダ、シンガポール、スペイン、ベトナム、ASEAN議長国(タイ)、AU議長国(エジプト)、チリ(APEC議長国)、セネガル(NEPAD議長国)

国連(UN)、国際通貨基金(IMF)、世界銀行、世界貿易機関(WTO)、国際労働機関(ILO)、金融安定理事会(FSB)、経済協力開発機構(OECD)、アジア開発銀行(ADB)、世界保健機関(WHO)

議題は何?

主要議題は基本的に経済分野です。
近年取りあげられる議題は、世界経済、貿易・投資、開発、気候・エネルギー、雇用、デジタル、テロ対策、移民・難民問題等があります。

関係閣僚会合一覧

G20議長国として開催する「関係閣僚会合」とその「開催地」のご紹介です。

  • 財務大臣・中央銀行総裁会議:福岡県福岡市 (2019年6月8日、9日開催)
  • 労働雇用大臣会合:愛媛県松山市 (2019年9月1日、2日開催)
  • 観光大臣会合:北海道倶知安町(2019年10月25日、26日開催)
  • 農業大臣会合:新潟県新潟市 (2019年5月11日、12日開催)
  • 貿易・デジタル経済大臣会合:茨城県つくば市 (2019年6月8日、9日開催)
  • 持続可能な成長のためのエネルギー転換と地球環境に関する関係閣僚会合:長野県軽井沢町 (2019年6月15日、16日開催)
  • 保健大臣会合:岡山県岡山市 (2019年10月19日、20日開催)
  • 外務大臣会合:愛知県 (2019年11月22日、23日開催)

交通規制について

サミットでは、37の国や国際機関の首脳等が、空港・会議場・ホテル・行事会場など多くの場所を、阪神高速環状線を中心に、断続的に移動されます。
首脳等の安全かつ円滑な通行を確保するとともに、会議の円滑な進行を図るために、通行止め規制が行われます。

交通規制の期間

G20大阪サミット開催に伴い、2019年6月27日(木)から6月30日(日)までの4日間、高速道路や大阪市内において、大規模・長時間の交通規制を予定されています。

引用:日本経済新聞

26日に来日したり、7月1日に離日される可能性もあり、状況によっては、大規模交通規制を行う日にちが長引いたり、短くなる場合もあります。
ビジネスマンの方は「仕事への影響が出るのは初日(金曜日)だけ。」と考えては危険です。
大きな国際会議の場合、警戒や規制は開催前から始まります。
24日(月)から始まる直前時期はもちろん、6月中旬あたりから府内全域では警戒が厳しくなる事が予想されます。

環状線を初の全面封鎖

阪神高速道路の環状線は6月27~30日、早朝から深夜まで通行止めとなります。
環状線の全面封鎖は初めてのことです。
異例の大がかりな交通規制に伴い、大阪府警は規制する路線や時間帯をHP上で案内しています。https://www.police.pref.osaka.lg.jp/topics/G20/7402.html

関西空港連絡橋を含めた高速道路や空港島内では「長時間で大規模」な交通規制が実施される予定となっています。空港島内では全ての車両に対し通行止め規制が実施される予定なので、関西空港を利用する人は時間に余裕を持って移動して下さい。

タクシーでの移動も危ない!?

警備が厳しくなっているこの期間はタクシーも検問を受けます
もし大阪府内での移動にタクシーを使う予定をされている方は、ぎりぎりのスケジュールは遅刻のリスクがあることを考慮して行動して下さい。

まとめ

サミット開催期間の6月27日(木)から6月30日(日)までの4日間はマイカー及び営業車の利用を自粛し、電車の利用を心掛けましょう。
電車で移動して、最寄り駅から徒歩という動き方のほうが想定外の遅延を避ける事が出来そうですね。
特にビジネスマンの方は、無駄なリスクを避けるために大きな商談や出張などは6月上旬までか、7月以降に予定をずらすのが得策かもしれません。

また、交通規制の影響により、宅配便最大手の「ヤマト運輸」は、今月開催されるG20大阪サミットで大規模な交通規制が行われることから、宅配便のサービス内容を限定すると発表しています。(2019年5月31日)http://www.kuronekoyamato.co.jp/ytc/info/info_190531_02.html
何か宅配便を頼む際には事前の準備をして下さい。

「公共機関を使う」という小さい事かもしれませんが、私たちができる事で、世界各国からの代表団やジャーナリストが訪日するこの機会に,日本の「お・も・て・な・し」の精神と, 首脳会合及び閣僚会合の各開催地ならではの魅力を世界に向けて少しでも発信出来たらいいですね。

参考サイト

2019年G20大阪サミット関西推進協議会

404 Not Found

外務省

G20サミットに関する基礎的なQ&A

大阪府警察

ホーム|大阪府警本部

コメント

タイトルとURLをコピーしました