スポンサーリンク

【セブ留学】フィリピン留学する人に教えたい。相部屋は危険という話

ベッド 留学

現在フィリピンのセブにて語学留学中の私ですが、これからフィリピン留学を考えている人や留学することは決めているけど、まだ学校やプランを検討中という方に是非知っておいてもらいたいことがあります。

それは、宿泊の部屋を相部屋にすると、相手次第では眠れない可能性があるという話です。
実際に、この記事を書いている時点で、36時間くらい起きてます。笑

どういうことか早く説明してくれニャ。

グゥ〜〜〜〜ガァ〜〜〜、グゥ〜〜〜ガッ!!
スポンサーリンク

僕が寮の部屋を相部屋にした理由

そもそも相部屋とは?という話ですが、セブ留学では宿泊施設のタイプが一人部屋か相部屋の2つに分かれます。

相部屋はコスパ最強

料金については学校にもよりますが、大体一人部屋と相部屋だと20%前後は料金が変わってきます。

加えて、相部屋になった人と英語で会話すればスピーキングのトレーニングになる。
お互いの勉強の進捗を共有すれば、モチベーションを維持するのにも効果的。
と、より安い料金で勉強の生産性も上がるという点は間違いありません。

特に料金は、社会人を辞めて留学中の自分にとっては大切な選択理由の一つです。

各サイトでも相部屋の方が先に埋まるという情報があったので、人気であることは間違いないと思います

留学前に想定できなかった”ルームメイトのいびきうるさすぎる問題”

”いびき”がうるさすぎて寝れない

期待に胸を膨らまし、語学学校へ入校。
紹介されたルームメイトは中国出身で、気さくないいやつでした。

直感で思いました。
「この子となら、仲良くやっていけそうだ。」

でも数時間後には、そんな思いは崩れ去りました。

すごいんですよ。

いびきが

これまでの人生でいろんな友人と旅行したり、海外でドミトリーに泊まったりした経験がありますが、今まで聞いたことないボリュームのいびきでした。
うるさくて、全く眠れません。

しかも、ほぼ途切れないんですよね。
5分くらい静かになって、やっと寝れると思っても気づいたら頭を貫通するかのような音の暴力が襲ってくるんです

耳栓もイヤホンもすべて乗り越えてきます。
強烈です。

光熱費を気にして、暑くて寝れない

さらに追い打ちを掛けたのが、部屋の暑さです。

まぁ普通に考えたらエアコン付けたらいいんですけど、私の学校では滞在中の光熱費は寮の部屋代とは別に請求されるようになっていて、相部屋だと料金が折半になるので、ルームメイトとの合意がないとエアコン付けにくいんですよね。

相談しようにも、かなり気持ちよさそうに大いびきをかいて寝てるので、起こせないし。。
そもそも多少暑くてもこのいびきがなかったら、寝れるんですけどね。

「この人だって地割れが起きそうなくらいのいびきかいてんねんから、こっちもエアコンくらい付けたろか。」
とも思ったんですが、今日知り合った彼がもし節約しないといけない事情があったらどうしよ。

とか変なこと考えて結局エアコンはつけられませんでした。
そして寝れませんでした。

繁忙期は部屋がないので、変更できない

留学前は、「世間とは少し違うタイミングで留学するし、ルームメイトと合わなかったら部屋替えてもらお。部屋空いてるやろ。」
くらいに考えていましたが、そんな都合のいいようにはいきませんでした。

フィリピンの語学学校の多くは、韓国や中国だけでなく最近ではベトナムや台湾からの留学生も増えており、小規模の学校でも、時期によらず部屋が埋まる可能性が高くなっているのです。

日本ではセブへ留学する人は周りには少ないですが、東アジア全体でみると留学生人口はそれなりのボリュームになるので、その点も考慮してください。

まとめ

私のように、コスパを優先して留学中のお部屋を選んでしまう方も多いと思います。
冒頭に記載したように、メリットも間違いなくあるのでおすすめできなくはないのですが、「睡眠」は健康に影響するのである意味お金よりも大切です。

もし現在、相部屋での留学を考えている方がいれば、一度立ち止まって本当に大丈夫か考えてみてください。
世界には、あなたの想像を超えた「眠りを害する何か」が潜んでいるかもしれません。

相部屋にする場合は耳栓などの「防具」をそろえるだけでなく、もし相部屋を解消したい事由が発生した場合はどのような対応をお願いできそうか、念のために留学先の学校へ事前ん位相談しておく方がよいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました