スポンサーリンク

【冷やし過ぎ注意】クーラー病?夏の冷房との上手な付き合い方

会話の小ネタ

梅雨が開けると夏本番!

もうすぐ待ちに待った夏だニャ。

でも年々暑さが厳しくなってて、僕は夏が来るのが怖いワン。。。

毎年の厳しい暑さ。

熱中症や、熱射病対策を気をつけておられる方が多いかと思いますが、クーラー病(冷房病)という言葉はご存じでしょうか?

涼しい場所にいるはずなのになんだか体調が優れない、倦怠感を感じるという方はクーラー病にかかってしまっているかもしれません。

スポンサーリンク

クーラー病(冷房病)とは

クーラー病(冷房病)という言葉がありますが、その意味について調べてみました。

私たちの体は、夏になると体内での発熱を抑制し、さらに熱を逃がしやすい体質に変化します。しかしそのような夏の体質では、冷房の効いた室内にいても、血管が縮みにくいため体内の熱が逃げすぎて「冷え」たり、外出先との激しい温度差によって自律神経のバランスが崩れています。自律神経は体温調節や発汗などのコントロールをしていますので、バランスが崩れると「冷え」に対しての抵抗力が弱くなってしまいます。足腰の冷え、だるさ、肩こり、頭痛、食欲不振、神経痛、下痢、不眠など・・・「冷え」によって起こる様々な症状が冷房病と言われるものです。

http://arakihp.jp/news/health/%E5%86%B7%E6%88%BF%E7%97%85%EF%BC%88%E3%82%AF%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%BC%E7%97%85%EF%BC%89/

つまり、クーラー病(冷房病)というのは特定の症状を表す正式な病名ではなく、 冷房が効いた室内に長時間いることで 外と室内温度の差によえう自律神経の乱れから引き起こされるさまざまな症状 の総称のようです。

また下記の通り、 クーラー病の症状は 特に幼い子供や老人、女性の方々に多くみられるようです。

冷房強く効いたエリアに長時間いた後、外気温にさらされることを繰り返したときに起こる体調不良のことで、自律神経の働きが不安定な乳幼児や老人、薄着で冷房の強いオフィスにいることが多い女性労働者に多く見られる 。

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/冷房病

クーラー病(冷房病)の予防に気をつけたいこと

一般的には、冷房温度は25〜28度が良いとされていますが、時々によって体感温度が違うため、自分自身は”寒い”と感じないようにことが大切です。

しかし、低い温度に対して体が慣れて鈍感になってしまうこともあるのだそうです。

慣れてしまってどんどん温度を下げないように気をつけたいですね。

慣れてしまうことを避けるためには、クーラーの温度や使用にも気を付けたいところです。

クーラー病(冷房病)対策のおすすめ商品

そこで今回は、冷房の温度を下げることなく暑さ対策できる商品をご紹介します。

就寝時のおすすめ商品

まずは就寝時のおすすめです。

暑い夜でもひんやりとした冷感を感じ、冷房弱めでも良く眠れます。冷房を強くして寝ると、朝起きた時に体がだるい事があるのでそれを予防するのに今夏は役に立ちそうです。

Amazonカスタマーレビューより抜粋

ニトリ製とお値段から期待はありませんでしたが、膝に乗せるだけで冷めたく感じます。
びっくりしました。厚みも十分あり実用的です。

Amazonカスタマーレビューより抜粋

これで、冷房の温度を過度に下げることなくひんやり快適な睡眠を!

自律神経を整えるためにも良質な睡眠かかかせません。

オフィスでのおすすめ商品

自宅での冷房温度は調整できても、オフィスなどの強すぎる冷房対策はなかなか難しいですよね。

そこで薄手の腹巻をご紹介させて頂きます。

お腹を温めることで全身の温度が高まり、冷えから守ってくれます。

職場などで羽織が手放せない方、試してみてはいかがでしょうか?

暑さ対策はもちろんですが、過度な冷房は逆に体を壊してしまう原因になります。

しっかりと冷えへの対策も意識して、夏を楽しみたいですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました