スポンサーリンク

【高得点につながる】TOEIC公式問題集のおすすめの使い方

toeic_exercise_book 英語学習

   どうも、たらお ( @tarao1214 ) です。

 先日効率的な TOEIC の勉強方法を紹介したところ、予想以上に多くの方に読んで頂くことができました。

ありがとうございます!(まだ読まれていない方は是非読んでみてくださいね)

今回は、TOEIC関連として公式問題集の効果的な使い方についてご紹介します。

問題集の使い方って意外に考えたことがない人も多いのではないでしょうか?

「とりあえず一生懸命問題を解く」でももちろんいいのですが、少し工夫するだけでより効率的に学習を進めることができるようになります。

これはTOEIC 900点オーバー常連の友人から教えてもらったものですが、すごく理にかなった使い方なので是非シェアしたいと思いました。

僕自身、実践することで成果に繋がったとっておきの情報です!
ちなみにこの方法は別に公式の問題集じゃなくてもすべての問題集で実践可能ですよ。

スポンサーリンク

準備したい問題集は?

まずはじめに、準備する公式問題集の説明です。

公式問題集は2冊以上用意するのがおすすめ

公式問題集は最低2冊以上用意しましょう

理由は下記の2つです。

多くの問題に慣れる必要がある

TOEICの厄介な点として受験する回によって問題の難易度にばらつきがあるため、高得点を取りたい方は少しでも多くの問題に触れておく方がいいと考えられます

本番で予想以上の難問に出会う可能性がありますが、沢山問題を解いてその可能性を少しでも減らすということが重要です。

また、リスニングについては、同じ問題を何度も解くよりもいろいろな問題を解いた方が効果があると言われているため、その観点からも複数の問題集を使用する方が効果的です。

再現性を高める必要がある

もう1つの理由は、1つの問題集を繰り返すとどうしても問題を覚えてしまうため、正解率が上がっても別の問題で同じように得点できるか分からない可能性があるためです。

要は同じ問題ばかり解いていても、本当に成長しているのか分からないっていうことですね。

2冊購入すると模試は4回分になるので、試験一ヶ月前の週末に1つ終わらせるというペースで進めるとちょうどいいかなと思います。

複数の問題を解いて、大体同じくらいの得点になってくると自信を持って本番に臨めます。

おすすめの問題集は…

問題集も色々あるので、どれを選らばべいいか迷いませんか?

僕のお勧めは以下の3つなので、ここから2つ以上選ぶといいと思います。

基本的には最新のものは一冊購入しておくことをお勧めします。

また見落とされがちですが、新形式に変わった際に初めて発売された公式問題もおすすめです。

こちらは他の問題集に比べて問題の難易度が少し高いので、900点を目指して勉強をしている方にはちょうどよいのではないかいうイメージです。

目標が800点以上の方であれば直近のもの2冊で問題ないと思うので、あえて公式じゃない問題集を一冊紹介すると、これがおすすめです。

ちなみにこの問題集はkindle unlimitedだと無料です。

Kindle Unlimitedの無料体験はこちら

とりあえず無料お試しで Kindle Unlimitedに入会するのもありだと思いますよ!

一緒に勉強している友達がいるならシェアしましょう

もし一緒にTOEICに取り組んでいる友人がいれば、一冊ずつ購入して貸し借りするのもありですね。

TOEICの公式問題集って何気に高いので、、、

友達とシェアするか上記で説明したKindle Unlimitedの無料体験を活用するなどして賢く節約したいですね。

それではお待ちかね!?実際の使い方の説明に移ります。

問題集は2周しましょう!

公式問題集の正しい使い方、それは 同じ問題を2回解くことです。

「え?それだけ?」って思った人はすみません。が、ここで一つポイントがあります!

それは、1回目を解いた後に問題の解答を見ずに2回目を解くということです。

具体的な方法を説明します

まず1回目は本番と同様に時間を計って解いてみてください。

次に2回目。

今度は時間を気にせず、じっくり問題を解きます。時間の制限なしで大丈夫です。

さて、何が見えてくるのでしょうか。

時間制限なしで本来の知識を測る

時間を計って解くと、プレッシャーにより本来解ける問題でも間違えてしまう可能性があり、本来の自分の実力とは違う結果になってしまうことがあります。

そこで2回目は時間を気にせずに問題を解くことで、落ち着いていたら分かったはずなのにプレッシャーによって間違えてしまった問題がわかります。

その部分は時間があれば解けたはずなので、他の部分を強化して全体のスピードアップを測れば解決するはずです。

このように、解答を見ずに2回解くことで 本来は復習しなくていい部分を明確にすることができますよ。

1回目の得点が気になる場合は、採点を依頼ましょう

くれぐれも1回を解いた後、答えを見たい気持ちは我慢してくださいね。

2回目に解く時に答えを覚えていると、正確に自分の能力が測れなくなってしまいます。

どうしても1回目の時点での点数が気になる場合は、他の誰かに採点をお願いして、点数だけを教えてもらいましょう。

それでは、おさらいです

復習のやり方としては、

1回目で正解していて2回目で間違えているところは、偶然答えがあってしまった可能性が高いためしっかりめに復習しましょう

1回目は間違っていて2回目は正解している部分は、時間さえあれば解けるはずの問題なので、他の部分をしっかり復習して全体的な回答のスピードを上げていくことを目指しましょう

そしてもちろん、2回とも間違えたところはしっかり復習、2回とも正解した問題は復習はしなくてOKです。

日本人は真面目な人が多いので、復習というとすべての部分に分け隔てなく取り組んでしまいがちですが、きちんと復習するべき内容を確認してから取り組むことで時間が有効活用でき、最短で得点アップにつなげることができます。

まとめ

 以上が公式問題集の効率的な使用方法です。

正直に言って、多くの人にとってTOEICの勉強は退屈だと思います。

僕もTOEICの勉強してるときは結構萎えてました。

だからこそ最短で目標スコアを達成できるように今回紹介した方法を是非試してみてくださいね。

漠然と問題を解くのではなく、少しの工夫をするだけで 学習の効果がグンッと上がりますよ。

TOEIC関連の記事はこちら

効率的な勉強の仕方についてはこちらの記事で紹介しています。

【おすすめ】TOEICの点数を2か月で100点以上あげる勉強法
TOEICのスコアを効率よく上げる勉強法についてまとめました。小手先のテクニックではなく、短期間で実力を上げる勉強法です。おすすめの書籍についても紹介しています。

そもそもTOEICはリスニング優先で勉強するべきだと思ってまして、下記記事でその理由を説明しています。

【徹底解説】 TOEIC の勉強をリスニング優先でするべき理由
TOEICの点数を短期で上げたいなら優先すべきなのはリーディングではなくリスニングです。その理由を徹底的に解説します。

英語のフレーズも紹介しています

海外でよく使われるPutを使ったフレーズまとめ【いいね多数】
Twitterで発信して特に反応のよかった英会話フレーズをまとめました。今回は【Put】を使った表現です。すぐに覚えられるものばかりなので、是非参考にしてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました