スポンサーリンク

【2019年最新】部屋干しなぜ臭う?生乾き臭「モラクセラ菌」対策

会話の小ネタ

梅雨時期の悩みのひとつ。

「しとしと降り続く雨」そのせいで洗濯物は部屋干し。そんな日が続きます。

そんな時「部屋干し臭」や「生乾きの臭い」には悩まされますよね。

その対策についてご紹介します。

スポンサーリンク

原因は「雑菌」のコイツ!

イメージ図

「モラクセラ菌」

洗濯物の生乾き臭(雑巾のようなにおい)の原因とされる菌です。
花王が2011年5月に原因菌として特定しました。このモラクセラ菌は衣類だけではなく、家庭内のさまざまな場所にも存在しています。

「モラクセラ菌」の特徴

・モラクセラ菌は乾燥や紫外線に強い。

・モラクセラ菌は熱に弱い。

・モラクセラ菌が残った衣類が濡れたり、
 皮脂の量が増えると水分とともに揮散して臭いを発する。

モラクセラ菌は特別な菌ではなく、ヒトや動物の口や鼻などの粘膜にいる常在菌と言われる種類の菌です。

厄介なことに乾燥や紫外線に強いので、衣類に付着した場合、外で干しても一部は残存し続けます。
なので、いくら洗濯をして晴天の日に干したとしても存在し続けます。

めっちゃくちゃショックですね。。。

「部屋干し臭」「生乾きの臭い」原因

ただ、実はこの「モラクセラ菌」自体は臭くないようです。

この菌が生成する「4−メチル3−ヘキセン」が臭いの元となっています。

「4−メチル3−ヘキセン」とは

4-メチル-3-ヘキセン酸: 4-Methyl-3-hexenoic Acid)は、化学式C7H12O2で表される脂肪酸の一種で、4M3Hと略記される。「雑巾臭」とも「洗濯物の生乾き臭」とも表現される特異臭を持つ。日本の消防法では、危険物第4類第3石油類(非水溶性)に区分される[1]

https://ja.wikipedia.org/wiki/4-メチル-3-ヘキセン酸

モラクセラ菌は衣類に付着し増殖し、洗い残ったたんぱく質などを餌に増殖し、更に汗などの水分や皮脂等を栄養にして増殖を続け“雑巾臭”の原因となる「4−メチル3−ヘキセン」物質を生成します。

目を離したら洗濯機が止まっても放置しちゃったりしてませんか?
終わる時間はわかっていても忙しくてすぐには出せない!
でもそれが匂いの原因となってしまっています。

外干しに比べて部屋干しが臭いやすいのは、外で干すより乾きにくいので雑菌の繁殖に必要な水分が洗濯物に長く残っていること、そして日光(紫外線)による殺菌効果が期待できないことなどが原因となります。

残念なお知らせ。。。その1

モラクセラ菌自体はどこにでも存在している菌なので、完全に除去することはほぼ不可能です。

しかし、服の上に住んでいる数をできるだけ減らすことは可能です。

残念なお知らせ。。。その2

洗濯しても、濡れたら戻ってくる臭い。いわゆる「戻り臭」。

乾かした後は臭わないのに、しばらくしてから臭うことがありますよね。
実はこれ「モラクセラ菌」が汗をかいたりして、水分と皮脂の量が増えると、その水分とともに揮散して臭いを発生させる特徴があります。

しかも、一度雑菌が繁殖してしまうと、ただ洗っただけでは菌は全滅しません。。。

ですので、菌が多く付着している衣類を着ると日中に汗をかくとニオイの元となる菌が再び増殖してきてしまいます。
“雑巾臭”を常にまとう状態となってしまうのです。。。

残念なお知らせ。。。その3

実はこの「モラクセラ菌」は何年も使っているバスタオルなどは細菌が重なりあってバリア状態を作り、それが繊維と絡み合ってしまい、洗っても洗剤が中まで届かなくなるそうです。
洗剤のCMの「繊維の奥まで、除菌消臭!!」的なのはどこまで効果を発揮しているんでしょうか、、、

打倒「モラクセラ菌」!!

対策①【洗濯機を清潔に「モラクセラ菌」が増殖しない環境を作る】

洗濯機自体を清潔に「モラクセラ菌」が増殖しない環境を作るが重要です。
洗濯槽の見えない部分、ドラム部分の外側の、洗濯機に覆われた部分にはカビや雑菌が多く存在しています。

・豊富な水・湿気

・温度(20度から25度)

・カビの栄養(入れすぎた洗剤や洗濯物から出た汚れなど)

と、カビや雑菌が発生、増殖する要素がそろっているからです。

1~2ヶ月に1度、少なくても3ヶ月に1度は洗濯槽を洗いましょう。

清潔・除菌【オススメアイテム】

選択の時に、洗濯物と一緒に「ポン」と入れるだけ。そんな優れものについて詳しく紹介しています。↓↓

洗濯の味方の君の名は【マグちゃん】効果、使い方、自作方法を解説!

「洗濯機」自体を常に清潔に保つことを心がけましょう。

対策②【高温除菌】

「モラクセラ菌」の弱点は熱!!

モラクセラ菌は60℃以上の温度で増殖しなくなることが分かっています。

一般的に60℃程度の温度に20分程度さらされると、モラクセラ菌はいなくなるとされています。

実際に60℃まで温度を上げるのは難しいニャ、、

そこで役立つのが【酸素系漂白剤】

酸素系漂白剤(過炭酸ナトリウム)とは、炭酸ナトリウム(炭酸ソーダ)と過酸化水素が 2:3 の割合で混在してできたものです。酸化力があるので漂白剤、除菌剤、消臭剤としてよく使われます。一般に酸素系漂白剤として売られている製品の主成分で、「白さ」を強調する合成洗剤に配合されていることもあります。

酸素系漂白剤を使えば40℃ほどのお湯で細菌が可能となります。
洗剤と酸素系漂白剤を入れ、そこに40℃のお湯を注いで普通に洗濯するだけでOKです。

オススメ【酸素系漂白剤】

【洗濯ハカセが教える】漂白剤の最強人気ランキング10選【2019年最新版】
https://my-best.com/498

日頃の洗濯に使える漂白剤を専門家が教えてくれているサイトになるので是非参考にしてみて下さい。

対策③【コインランドリーでまとめ洗い】

コインランドリーの乾燥機は70℃~85℃くらいとなります。
この温度で乾燥をすると、こ臭いの原因となる菌を一挙撃退が可能となります。

また、最近のコインランドリーでは、洗濯の代行や集配・宅配サービスを提供している店舗もあります。
タオルや靴下など、普段の洗濯を自宅まで取りに来てくれて、洗濯後はお届けしてくれる。
というような至り尽くせりのサービスを行っている店舗もあるのでお近くのランドリーをチェックしてみて下さい。

まとめ

「モラクセラ菌」は必ず存在するものと認識をして、対策をしてみて下さい。
残念なことに、洗濯をすることで、完全に菌を死滅させることは出来ないようです。
それを理解した上で、これからのジメジメした梅雨時期の【洗濯】を一度見直してみて下さい。

参考サイト

NHK ためしてガッテン

梅雨を快適に!いや~な部屋干し臭 一発解消SP - NHK ガッテン!
NHK ガッテン!「梅雨を快適に!いや~な部屋干し臭 一発解消SP」

「衣類から発生する臭について」共栄社化学株式会社
https://www.kyoeisha.co.jp/wpja/wp-content/uploads/2018/06/ee2776a47164570f9089454c3df250f9.pdf

よく読まれています

洗濯の味方の君の名は【マグちゃん】効果、使い方、自作方法を解説!
今日は気になるあの商品のご紹介です。つい最近も、テレビで放送されていましたが、この子は昨年から既に話題の商品だったみたいです。『ガイアの夜明け』(2018年9月4日)で口コミ爆発、、、半年の時差はさておき、衝撃を受...
【おすすめ】TOEICの点数を2か月で100点以上あげる勉強法
TOEICのスコアを効率よく上げる勉強法についてまとめました。小手先のテクニックではなく、短期間で実力を上げる勉強法です。おすすめの書籍についても紹介しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました