スポンサーリンク

【お金の話】イギリス大学院留学 一カ月の生活費を公開します①

留学

2019年6月末からイギリスに来てちょうど一カ月が過ぎました。

物価が高いとよく言われるイギリスですが、実際にどれくらいの生活費が掛かるのかを今回はご紹介したいと思います。

留学を検討中の人にとって、イギリスの生活では「何にどれくらいのお金が掛かるのか」ということは重要な情報だと思いですので是非参考にしていただければ幸いです。

スポンサーリンク

2019年7月の生活費

注1)寮費や大学の授業料は含めません

注2)実際に渡英したのは2019年6月24日からとなりますので、今回の支出には6月24日からの1週間分の支出も含めています

  • 食費   約£168≒22,680円
  • 交通費  約£119≒16,505円
  • 交際費  約£173.75≒23,456円
  • 生活雑貨 約£263.80≒35,613円
  • 趣味   約£213.10≒28,768円
  • その他  約£33.6≒4,536円
  • 合計   約131,558

合計は約13万円となりました。

予想より少なかったでしょうか?多かったでしょうか?

それでは内訳を少しずつ見ながら、僕が節約のためにしている工夫も紹介していきます。

ロンドン留学で節約する方法

ロンドンの食費を節約するには自炊がポイント

食費はかなり安く抑えられたと思います。

渡英直後は、スーパーでサンドウィッチやハンバーガーなどを買っていたのですが、最近では調理器具を買いそろえて、自炊するようになりました。

その甲斐もあり、食費が抑えられたのだと思います。

ちなみに、僕は台湾からの留学生とほぼ毎日食事を一緒にしており、食材もシェア出来ている点も大きいかと思います。

節約したい場合は、友人を早く作って、食事を一緒にするのがポイントです。

英語を話す機会も増えるし、外国の料理も食べるので一石三鳥です!

交通費の節約にはレンタルサイクルの年間契約がおススメ

交通費は何気に掛かってしまいました。

ロンドンの移動は地下鉄かバスがメインになりますが、特に僕の場合はバスに乗る機会が多かったです。
バスは一回£1.5なので、毎日載っていると馬鹿にならない金額になります。
また渡英直後はロンドン市内をちょくちょく観光しに出かけていたので、その分の地下鉄の料金も掛かりました。

しかし、最近ではレンタルサイクルの年間契約(1年£30)をしているため、交通費がかなり節約できるようになりました。
ちなみに上記にはこの£30が含まれていますので、8月からはもう少し節約できると思います。

交際費は自分次第で削れるが、全くゼロというのもさみしい

交際費は基本的に友人と出かけたり食事に行ったりした際の費用を計上しています。

そのため、自分次第でいくらでも削れます。
ここは価値観が分かれるところだと思いますが、 僕自身はせっかく留学という特殊な時間を過ごしているのだから、沢山友人と出かけていろんな文化や風景に触れたたい思っているため、あまり節約しすぎないようにしています。

今後勉強が忙しくなってくるとどうなってしまうかわかりませんが、、

生活雑貨の初期投資が肝心

QOL(=Quolity of Life)生活雑貨に初期投資することで向上することができます。

具体的に買ったものは、フライパンや鍋などのキッチンツールやドライヤーなど。
最初に買っておいたおかげで自炊できるようになり、美味しい食事が食べられるようになりました。
ロンドンの食事は微妙なところが多いため、自炊は節約面だけでなく味の面からもおすすめです。(お金は掛かりますが)

また、僕の場合はこっちに来て新しいスマートホンを購入したため、その費用がこの生活雑貨の費用の大半を占めています。(スマートホンは約£210でした)

生活雑貨は基本的に初期投資になると思うので、今後は節約可能かなと思います。

趣味のお金は今後の自制次第

ここで記載している趣味の費用は基本的に衣類です。
学生ですので、毎日洋服を着る機会があるのですが、日本からあまり洋服を持って行っていなかったため、こっちに来て結構買い足しました。
海外旅行もそうですが、異様にテンションがあがって結構買い物をしてしまったので、今後は徐々に財布の紐を固くしていきたいと思います。

その他:通信費は初月だけ余裕のあるプランにしましょう

その他は主に携帯の通信費とコインランドリーの費用です。

携帯はSIMカードに金額をチャージする方式で使用しています。
通信量40GB/月で£20です。
現在使っている感じだと40GBは絶対にいらないので来月からプラン変更予定です。
実はこっちに来て最初にもう少し安い通信量4GB/月£8のプランにしていたのですが、当初は大学のWi-Fiにアクセスできなかったため、一瞬で通信枠が超えてしまい、最大の40GBに変更する羽目になってしまいました。
(結果2か月分の通信費を一カ月で負担することに)

なので、初月だけは最大の通信量で、チャージしておいて、使用結果を見て翌月以降プランを調整するのが良いかと思います。

コインランドリーは洗濯一回£2.8、乾燥£1.2と合計で£4掛かってしまい割高なのですが、こちらも最近は友人とシェアすることで半額に抑えています。
また、イギリスは空気が乾燥していて、室内干しでもイヤなにおいがしにくいので乾燥も最近は使用しなくなったので節約できています。
こっちにきたばかりのころは少しでも洗濯回数を減らすために下着は手洗いするという、涙ぐましい努力をしていました。笑

以上、ロンドンでの生活費用を赤裸々に綴りました。

留学生によっては、毎食外食やハンバーガーショップなどで購入していた利する人もいるので、そういう生活をするともっとお金が掛かると思いますが、工夫次第でけっこう節約は可能ですよ。

留学行きたいけど費用が気になっていてなかなか踏み出せないという人にとって、この情報が少しでもお役に立てれば幸いです。

また、来月も報告したいと思います!

コメント

タイトルとURLをコピーしました