スポンサーリンク

【天体観測】一度でいいから見てみたい!流星群(2019年7月)

イベント

今回は7月の流星群についてまとめて見たニャ。

今回の記事では、7月末にピークを迎えると言われている「みずがめ座δ流星群」を紹介します。

予備知識としての流星群の説明については、過去の記事に記載しましたので、こちらをどうぞ。

【天体観測】一度でいいから見てみたい!流星群(2019年6月)
一度でいいから夜空にきらめく流れ星を見てみたいニャ。日本の都会ではなかなか流れ星が見られませんが、1年に数回流れ星を見られるチャンスがあります。そう、流星群です。でも流星群って、大体当日の朝や前日くらいのTVの報道で知って、結局見...
スポンサーリンク

7月に見られる流星群(みずがめ座δ流星群 )

7月に見られる流星群としては、 みずがめ座δ流星群 があります。
下記に基本情報をまとめてみました。

  • 名称: みずがめ座δ流星群
  • 出現期間:7月12日~8月19日
  • 2019年のピーク日時: 7月31日の日没後から夜半過ぎまで

豆知識:みずがめ座流星群は4つの群で成り立っています

みずがめ座δ北群 (NDA)
みずがめ座δ南群 (SDA)
みずがめ座ι北群  (NIA)
みずがめ座ι南群    (SIA)

主力は今回ご紹介しているみずがめ座δ南群(SDA)とされていますが、それぞれが極大(ピーク)を迎えるため、これらの群を区別するのは 天体に詳しい人でもとても難しいと言われています。

観測しやすい観測位置や方角について

2019年7月31日の月齢は25で月が昇るのは夜明け前になりますので、流星群を観測する上で月明かりの影響は限定的となります。

そのため、日没後から夜半過ぎまでは好条件でみずがめ座δ(デルタ)流星群を観測出来ると言われています。
ただし照明の多い場所やビルやマンションによって視界が遮られる場所は避けてください。

ちなみに夜半過ぎとは、午前0時から午前2時頃までのことです。

みずがめ座δ(デルタ)流星群を観測する方角についてですが、南西の空を見てるのがおすすめです。

各地域のおすすめ観測スポット

今回三k能にさせて頂いたサイトに各地域のおすすめの観測スポットが掲載されています。

非常に丁寧に解説されているので、是非参考にしてみてください。

【関東】東京のみずがめ座η流星群のオススメ観測スポット

【関東】神奈川のみずがめ座η流星群のオススメ観測スポット

【関東】千葉のみずがめ座η流星群のオススメ観測スポット

【中部】名古屋のみずがめ座η流星群のオススメ観測スポット

【関西】大阪のみずがめ座η流星群のオススメ観測スポット

【関西】京都のみずがめ座η流星群のオススメ観測スポット

【関西】兵庫のみずがめ座η流星群のオススメ観測スポット

【九州】福岡のみずがめ座η流星群のオススメ観測スポット

(出典)群青と茜色の星空

流星群観測におすすめなアイテム

次に天体観測をする上でおすすめアイテムをご紹介させて頂きます。

ビニールシート

流星群を観測する際は長時間空を見上げることになります。

そのため、寝転んで空を見上げられるようにビニールシートを持参することは必須です。
なおビニールシートを選ぶ際はサイズが大きいものを選んでおいた方が何かと便利ですよ。

虫よけグッズ

夏の季節は虫との遭遇がつきものです。
せっかく天体観測を楽しみ出かけても蚊に刺されたらとても不快ですので、虫よけ対策は万全にしておきましょう。

LEDライト

人気のない山や海などに出かける場合は懐中電灯も必須です。

スマホのライトは遠くまで明かりが届かないので心許ないですよね。
暗闇のなかにどのような危険が潜んでいるかわかりませんので、足元や前方を照らして注意して歩きましょう。

参考にさせて頂いたサイト

今回の記事では下記のサイトを参考にさせて頂きました。

かなり専門的な情報も掲載されているので、今回の記事で流星群や天体について興味が湧いた人やもっと知りたくなった人は参考にしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました